体を動かさずにお腹が凹む! 立ったままで「5秒腹筋」

4月1日の世界一受けたい授業では

2週間で効き目が!春の即効ダイエットとして

奇跡の5秒腹筋のやり方を

松井薫さんが教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

5秒腹筋

たった2週間で脳をだますことで

立ったまま腹筋を鍛えることができます。

 

腹直筋

①立ったまま拳をグーにします。

 

②頭の後ろにその両手のグーを持ってきて

肘はなるべく高い位置にして、首の根元に小指を当てるようにします。

 

③片足を一歩前にだし踏み込むように意識して

ゆっくり息を吐きながら5秒かけて上体を倒します。

 

④上体を倒すときに腹筋に力を入れることが大切です。

 

スポンサーリンク

⑤脳をだますために缶を潰すイメージで行います。

 

こうすることでより脳をだまして

より効果的なエクササイズができます。

 

腹斜筋

脇腹のたるみに効きます。

 

①こぶしを作って首の後ろで固定します。

 

②右足を一歩前に出します。

 

③鼻から息を吸っておなかをへこませます。

 

④口から息を吐くのと同時に

ゆっくりと左を向きつつおなかをねじります。

 

⑤雑巾をギュッと絞るイメージで行います。

右上から斜め下に行ってください。

この状態で5秒キープします。

 

⑥鼻から息を吸いながら元に戻ります。

スポンサーリンク

腹横筋

ぽっこりおなかに効きます。

 

①うつぶせの状態になり、両肘を床につけます。

 

②右手で丸を作って、そこに左手を添えます。

 

③②に頭を乗せます。

 

④頭、肘、つま先を土台にして体を持ち上げてアーチを作ります。

 

⑤おなかに力を入れたまま5秒キープします。

 

⑥床につかない程度まで戻します。

 

これを1日に10回3セット行います。

 

イメージは崖と崖の間にアーチを作るイメージです。

 

腸腰筋

座りながら行います。

 

①姿勢を正して椅子に座ります。

 

②両手を机の上に置きます。

 

③左ひざを机を押し上げるように上げます。

両手は強く机を押してください。

 

④この状態で5秒キープします。

 

⑤元に戻します。

 

これを左右交互に合計10回、3セット行います。

 

イメージは足と手で段ボールを押し曲げるようにしてください。

足の付け根に力を入れるようにしてください。

 

5秒腹筋の動画

 

まとめ

寝転がって腹筋を行うと

腰が痛くなってしまうので

立ったままできるのはいいですね。

スポンサーリンク