f:id:kinyanpu:20160123093217j:plain

塩分の取りすぎは健康に悪いことは

最近の常識ですよね。

特に、日本はしょう油の文化なので

塩分の取りすぎになりがちです。

しかし、サタデープラスを見ていたら

摂取することで逆に血圧が下がる

しょう油が紹介されていました。

気になったので備忘録として記します。

 

スポンサーリンク

しょう油が健康に悪いわけ

しょう油には大量に塩が含まれているので

塩分の取りすぎとなってしまい

健康を害してしまいます。

 

結集塩分が高くなってしまうと

それを薄めようと血液に水分を

さらに足そうとするので

血管の中の血液量が多くなりすぎて

高血圧となってしまうそうです。

 

まめちから大豆ペプチドしょうゆ

そんな悪者になりがちなしょう油ですが

しょう油の大手メーカーのキッコーマンでは

50%減塩のしょう油でさらに

高血圧が治るしょう油を開発したのです。

 

その商品は

「まめちから大豆ペプチドしょうゆ」です。

 

こちらの商品は減塩なのはもちろんなのですが

高血圧の人が使い続けると

血圧が正常値に近づく働きがあるのです。

特保も取得済み!

 

どうして血圧が下がるのかというと

しょう油の原材料は

大豆と小麦と塩を麹菌で発酵させた物なので

大豆のタンパク質がアミノ酸に分解されて

あのしょう油の味になります。

まめちからはアミノ酸に分解される前の

ペプチドで止めておくのがそのすごいところなのです。

 

大豆ペプチドには血圧を上昇させる

酵素の働きを抑える働きがあるので

高血圧が改善されるのです。

血圧上昇酵素を抑えるのは

高血圧の薬と同じ効果だそうです。

 

どこで買えるの?

一般のお店では売っていないようで

キッコーマンのネットショップで

購入することが可能です。

こちらのURLでまめちからに飛べます。

スポンサーリンク

http://www.kikkoman-shop.com/season/index.html#genen

 

3780円と少しお高いですが

1日126円程度で

小袋に分けられているのですが

2袋が目安だそうです。

 

取りすぎたら塩分が含まれているので

塩分過多になるので要注意ですね。

 

大豆ペプチドならサプリメントもあるので

そちらも効果があるかもしれません。

ファイン 大豆ペプチド100 33包

ファイン 大豆ペプチド100 33包

 

 

 

トロトロ減塩法

まめちから大豆ペプチドしょうゆもすごいのですが

高血圧でない人はわざわざ買うのはちょっと高いですよね。

でも、普段から減塩を心がけたい物です。

料理に一工夫するだけで塩分が半分以下になる

トロトロ減塩法を

キッコーマンの病院が紹介してくれました。

野菜炒めやブリ大根、から揚げ、卵焼きにも使える方法です。

 

野菜炒めの場合普通に作っていくのですが

調味料は普段の半分にするのです。

その半分の調味料を片栗粉と合わせて水で溶くのです。

 

水溶き片栗粉と混ぜた調味料を

火を止めてからフライパンに投入すると

ダマになりにくく綺麗にあんかけになってくれます。

 

あんかけにして舌の上に残る時間を長くすると

塩分を控えても物足りなくないそうです。

 

ブリ大根だと味付けに使う調味料を

半分にして後からあんかけにするといいそう。

 

から揚げも下味をつけずに

最後に下味の調味料の半分をあんかけにして

上からかけると物足りなくない減塩から揚げになるそうです。

 

卵焼きも後からあんかけです。

 

まとめ

さすがキッコーマンの研究開発ですね。

しょう油を摂ることで

高血圧が治るとは思いませんでした。

 

しかし、ちょっと高いし

普通に買いにくいので

そこは改善して欲しいですね。

 

調理法はちょっとした一工夫で

塩分を控えられるので

是非試してみたいです。

 

塩分って美味しいのに体に悪いので

すごいジレンマだったのですが

少しは解消されそうです。

 

キッコーマン総合病院監修 おいしい血圧対策レシピ (主婦の友実用№1シリーズ)

キッコーマン総合病院監修 おいしい血圧対策レシピ (主婦の友実用№1シリーズ)

 

 

スポンサーリンク