見逃すな!血液が警告する「血栓」―脳梗塞・心筋梗塞、身体はとっくに気づいている

5月11日のガッテンでは

血液のチカラ向上作戦として

脳梗塞、心筋梗塞で死なないために

血栓を綺麗に溶かす方法を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

血栓を作る原因は「フィブリン」

血栓の原因となる物質はフィブリンという物質です。

ちょっと前にフィブリノゲンという

薬が問題になったのでピンときた人がいるのではないでしょうか。

 

フィブリンは怪我をして出血した際に

集まってきてかさぶたを作ってくれる

体を守ってくれる物質なのです。

 

スポンサーリンク

体を守ってくれるフィブリンですが

ストレスにとても弱いのです。

ストレスを感じるとフィブリンは活性化して

血栓の元を作ってしまうのです。

 

実験ではお化け屋敷に入る前よりも

入った後のストレスと感じた後は

血液が30%も固まりやすくなっていました。

 

フィブリンは感情が揺れ動くと

血栓の元をたくさん作り

血液が固まりやすい状態になるのです。

これは、昔、狩猟民族であったころ

狩りで戦闘するときに興奮状態になると

血液が固まりやすい状態にしておくことで

怪我をしても致命傷にならないようにしていたとのことです。

 

血栓を溶かす薬「t-PA」

血栓が脳にできると脳梗塞になります。

その脳梗塞の特効薬が「t-PA」です。

発症してから4時間半以内に使用すると

ほとんど後遺症が残らないすごい薬です。

しかし、お値段はやはりちょっとお高く20万円するそうです。

 

自力で「t-PA」を増やす方法

「t-PA」は実は人体にもあり

「Tissue Plasminogen Activator」の略です。

 

「t-PA」は血管の内側の細胞で作られており

要らない血栓ができたときは自分のt-PAで

血栓を溶かしているのです。

 

この自分のt-PAの働きをパワーアップさせるのは

「運動」なのです。

 

どんな運動が効果的なのか?

1日30分程の散歩程度の有酸素運動を

3週間したところ

被験者の方たち全員が

血栓を溶かす能力がアップしていました。

 

スポンサーリンク

一番アップした人は4.2倍にもなっていたので

軽い運動でもいいので

少しでも有酸素運動をすることが大切です。

 

激しい運動ではどうなのか?

軽い有酸素運動が効果があるのはわかりましたが

激しい運動はどうなのかということで

15分間エアロビバイクで限界まで運動をしたところ

血栓を溶かす力は21倍にまで上がっていました。

 

しかし激しい運動は一過性のものですので

有酸素運動を継続することが大切です。

 

ダイエットも効果的

体重1㎏減らすだけで

血栓を溶かす力は2割もアップします。

 

血管の健康を維持する運動方法

運動はいつやってもいいのですが

血栓ができやすいのは午前中です。

だからといって起き抜けに運動をすると

脱水症状になり危険ですので

 

起床後、水分を取って

1時間程度たってから運動を行ってください。

 

息が上がらない程度の軽い運動を

30分行ってください。

血流が増えるとt-PAが元気に働けるようになります。

特に運動をしていなかった人は効果絶大です。

 

つま先を上下させて

ふくらはぎの血流をよくすると効果がありますし

車中泊をしたりする人は足を高くして寝るようにすると

少しでもマシになります。

 

まとめ

お化け屋敷で血栓ができやすいとは

かなり意外な事実でした。

びっくりして寿命が縮んだとはよく言いますが

本当に寿命が縮むかもしれないのですね。

朝の散歩はとても健康にいいので

ぜひ、実践したいですね。

 

内皮細胞が活性化する食習慣で一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本

内皮細胞が活性化する食習慣で一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本

 

 

スポンサーリンク