自分で治せる! 腰痛改善マニュアル

6月8日のホンマでっかTVでは

動作解析評論家の夏嶋隆先生が

腰痛改善の方法をランキング形式で

紹介してくれました。

腰痛の基礎知識と改善法を教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

 

腰痛の原因

腰痛になる主な原因は日ごろの動きや

仕草の癖です。

 

現在腰痛を抱えていなくても

腰痛予備軍もたくさんいます。

 

夏嶋先生も腰痛に悩んでいた過去があり

自分の経験談から改善・予防法を教えてくれました。

 

第3位:つま先残し歩き

正しい歩き方が腰痛予防に一番なのです。

歩くときはつま先まで地面に触れることが大切です。

 

マツコさんが例に挙げられており

歩幅が狭く、足の裏全体で着地しているので

腰にかかる負担が小さくなっています。

さらに早歩きになるとさらに歩幅が小さくなるそうです。

 

スポンサーリンク

歩幅が広いとかかとで着地するために

衝撃で腰痛になりやすいのです。

 

腰痛を軽減する歩き方

かかとからつま先まで地面に触れるようにして

歩くのが大切です。

 

かかとだけでぺたぺたとつま先が反ったまま歩くと

着地の時に腰への衝撃が大きいために

腰痛になりやすいです。

 

足首を伸ばして

つま先まで触れてから足を離すことを心がけてください。

 

つま先を触れさせることで

足の裏全体を使うので

腰に伝わる衝撃を和らげることができます。

 

また歩いたときにかかとが内側に入ったりすると

そちら側の腰にだけ負担がかかります。

 

耳と肩が一直線になるような

姿勢を心がけることも大切です。

 

第2位:ぎっくり腰回避の持ち上げ方

重いものを持ち上げるときは

足を前後にずらすことが大切です。

 

背筋を前かがみにして持ち上げると

腰を曲げた状態で持つので

腰に負担がかかります。

 

物を持つときは胸を張って膝をまげてじゃがんで

足の筋力で持ち上げます。

 

箱を持つときは下から抱えるのではなくて

対角線にして持つように

引っ越し屋さんはしているそうです。

 

ぎっくり腰予防の方法

足を前後にズラすと腰を曲げずに

足のチカラで持ち上げやすいです。

 

また方向転換するときは

上半身から動くと重心が崩れるので

うしろに下げた足の方を向くときは

つま先から行く方向に動かして運びます。

 

逆に前にした方の足側に運ぶときは

肩甲骨と足を一緒に動かして運びます。

 

また、体をねじった状態で

くしゃみをするとぎっくり腰になりやすいです。

 

ぎっくり腰の応急処置

タオルを奥歯で思いっきり噛んでください。

病院に行くまでの激痛に

耐えるための応急処置なので

病院には行ってください。

 

タオルを噛むと脊柱起立筋が柔らかくなるので

痛みが和らぐ効果があります。

 

スポンサーリンク

第1位:椅子は深く座って浅く立て

これで腰痛とバイバイできます。

誰もが毎日行う椅子に座って立つ行為は

腰にとても負担がかかっています。

 

正しい座り方は

椅子のヘリに足の後ろ側を触れて座ります。

これで正しい姿勢で吸われます。

 

正しい立ち方は

体全体を前に出して

足を引いて立ちます。

こうすると前に行かずに立ち上がることができます。

 

腰痛になる人は足を動かさずに

頭が前に出る傾向があるので要注意です。

 

深いソファに座るときは

①椅子同様に足の後ろ側に触れます。

②少し半身の状態で座ります。

 

また足を伸ばすときは

足の裏を内側に向けると

首の可動域がアップし

腰痛のリスクが減ります。

骨盤のインナーマッスルが緩むので

首の可動域が広くなるのです。

 

まとめ

今日は重いものを運んで

腰が痛いのでこれを参考にして

これ以上腰痛が酷くならないようにしようと思います。

 

腰痛も肩こりも消える! 動作解析

腰痛も肩こりも消える! 動作解析

 

 

 

スポンサーリンク