カビからまもる!!―その知識と対策

6月11日の世界mさい一受けたい授業では

千葉大学の矢口貴志先生が

梅雨のカビ対策を教えてくれました。

カビ対策はちゃんとしておきたいので

備忘録として紹介します。

 

カビが多い場所

カビが多い部屋で育った子供は

カビが少ない部屋で育つよりも

3倍も喘息になりやすいそうです。

 

ちゃんと気を付けないといけないです。

 

第3位:お風呂場

お風呂場のシャワーヘッドや

お風呂場の栓から

アレルギーの原因となる

  • クラドスポリウム
  • オーレオバシディウム

が検出されました。

 

スポンサーリンク

お風呂掃除をするときは

シャワーヘッドや栓も洗う必要があります。

 

第2位:観葉植物の土や野菜の土

リビングを掃除していても

観葉植物の土の中には

カビがたくさんいるのです。

 

もともと土はカビの巣なので

アレルギーの原因やカビ毒が怖い

  • ペニシリウム
  • クラドスポリウム
  • アスペルギスル

が検出されました。

免疫が落ちている人は

観葉植物の土に気を付けたほうがいいです。

 

さらに野菜についた土には

野菜などを腐らせる

  • トリコデルマ

が存在しているので

野菜の土は綺麗に洗い流してから

水気を拭き取って保存するのがおすすめです。

 

第1位:冷蔵庫の製氷室の給水タンク

簡単に氷を作れる便利な機能ですが

ぬめりの原因となる

  • ロドトルラ

 

アレルギーの原因の

  • クラドスポリウム

が検出されました。

 

氷になってもカビは死なないので

カビも一緒に飲んでいる可能性があり

大量に飲むと腹痛を引き起こすこともあります。

 

給水タンクのお掃除を水道水の場合は

1週間に1回以上

ミネラルウォーターや浄水器の水の場合は

3日に1回以上の掃除が必要です。

カルキが抜けてしまうのでその分腐りやすいのですね。

 

スポンサーリンク

佐藤栞里の私物のカビ

携帯用の粘着クリーナから

免疫が落ちている人に感染する

  • アスペルギルス

が検出されました。

 

一度履いた靴下からは

  • ペニシリウム
  • オーレオバシディウム

が検出されました。

汚れたものをそのままバッグに

入れるのは危険なのです。

 

頭の水虫トンズランス菌というのもあるので

フケやかゆみがある人は要注意です。

 

まとめ

掃除をこまめにしていても

カビはどこにでも潜んでいますよね。

正直すべてを退治しようと思うのは無理ですが

出来るだけ健康に害のないようにしたいので

気を付けたいと思います。

 

カビソフト除去スプレー(木材・畳・布団などの色落ちする材質用)(03kabi)

カビソフト除去スプレー(木材・畳・布団などの色落ちする材質用)(03kabi)

 

 

スポンサーリンク