やさしい漢方の本・舌診入門 舌を、見る、動かす、食べるで 健康になる!

7月16日のサタデープラスでは

10万人の舌を見てきた

スーパードクターの伊藤剛先生が

体質や内臓の「鏡」と言われる

「舌」のチェック法を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

舌でわかる健康チェック

舌は心の苗舌は臓腑の鏡と

漢方で言われており

舌で健康が分かるのです。

東洋医学では豊富な経験則から

舌の色、形、苔の色から

その人の体に何が起きているか診断できます。

 

北里大学の伊藤剛先生が教えてくれました。

 

健康な舌

淡い紅色で口の幅と同じくらいの大きさで

舌の中央に苔が白く薄く広がっています。

 

チェック時の注意点は

コーヒーなどの色の濃いものを3時間以内に

食べたり飲んだりしてはいけません。

舌は思いっきり伸ばしてチェックすることです。

 

舌の色でわかるチェック法

舌の中心には舌苔があるので

舌のふちの色を見てください。

 

舌の色で血の巡りや

体の熱や冷えの状態が分かります。

 

色が薄い人は貧血気味で

色が濃い人はうっ血気味です。

 

青みがかったり紫色は

冷えのサインです。

 

スポンサーリンク

舌の苔の色チェック

舌のふちだけではなく

舌のコケでも健康チェックができます。

 

舌のコケとは下の粘膜(糸状乳頭)が角化したもので

皮膚でいうところの垢です。

これが食べ物で舌が傷つかないように守ってくれています。

普通は食物で剥がれていきます。

 

白色の苔

胃の調子が悪いです。

 

黄色の苔

便秘などのサインです。

 

冷えからくる頭痛などの不調の改善法

雛形あきこさんは青紫色の舌で

冷えが指摘されていました。

そして、冷えは体に不調をもたらして

頭痛に悩まされているとのことで

その改善法を教えてもらっていました。

 

肩や後頭部のこりが原因となる

緊張性頭痛が悪化した場合

後頭部の上天柱と風池というツボに

痛みを感じます。

ここを刺激すると頭痛が和らぎます。

 

自宅で簡単にツボを押す方法

なかなか後頭部のツボって押せないですよね。

自宅で1人でも押せる方法を教えてくれました。

 

①軟式野球ボールかソフトボールを用意してください。

 

②ボールを後頭部に押し当ててください。

痛みがあるところがツボです。

 

③そのままゆっくりと頭を動かしてください。

 

④1日1回1分を目安に行ってください。

やりすぎると揉み返しが起こるので注意です。

 

冷えに効く食材

冷え性改善の食材はシナモンです。

血行促進をさせて体の末端まで血を巡らせ

冷え性を改善する効果があります。

 

おすすめの食べ方は

シナモンハニートーストです。

ハチミツは抗酸化作用で血管の老化を防止し

アーモンドはビタミンEが豊富で血流を改善してくれます。

 

舌の形のチェック

舌の側面にデコボコがある人は

体内の水分調整が上手くできていないサインです。

体内の余分な水分を排出できないと

舌がむくんで大きくなって

歯に当たることで舌に歯形がついてしまうのです。

 

このデコボコの人は夏バテに要注意です。

冷たい飲み物や冷房などで

体内の水分が調整できずに夏バテになっている

可能性があります。

 

2ステップ全身浴

水分調整がでいない人におすすめの

健康法が2ステップ全身浴です。

 

①前半5分は40℃程度のお湯で

首までしっかり浸かります。

体の表面や筋肉を温めて

血流がアップします。

 

②後半5分は胸の高さで浸かって

足の指のマッサージをします。

温められた血液が体を巡って

発汗機能の回復ができます。

 

10分程度なら体への負担も小さく

血流改善と発汗機能の回復が期待できます。

また、水圧で余分な水分が

血管に集められて排出されやすくなります。

 

スポンサーリンク

舌の裏のチェック

口を開けて舌の先を上の前歯につけると

舌の裏の静脈が見えると思います。

2本の静脈が黒ずんでいる人は要注意です。

 

血液ドロドロの可能性が高いです。

瘀血という症状で

血液が固まり滞ることで

舌深静脈という2本の静脈が拡張し浮き出ているのです。

 

舌の裏が大丈夫でも下の表に

小さい赤いつぶつぶがある場合も

瘀血の症状なので要注意です。

 

ぶらんぶらんウォーキング

血液ドロドロの人に効果的な

改善法を教えてくれました。

 

①背筋を伸ばして目線を上げて

片腕の力を抜きます。

 

②地面を強くけるイメージで

大股で歩きます。

 

③上半身の動きに合わせて

腕がぶらんぶらん振られるように歩いてください。

 

背中やおしりの筋肉を意識して使うことで

血流がアップします。

1日10分程度行ってください。

 

東西医学の専門医がやさしく教える即効100ツボ

東西医学の専門医がやさしく教える即効100ツボ

  • 作者: 伊藤剛
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2012/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

 

スポンサーリンク