ハーバード大学式「野菜スープ」でやせる! 若返る! 病気が治る! (マキノ出版ムック)

9月10日のサタプラこと

サタデープラスでは

ハーバード式野菜スープ

が特集されます。

ファイトケミカルを取り入れることで

長生きができるというスープで

そのレシピなどを紹介します。

 

ハーバード大学式スープとは?

ハーバード大学医学部内科元准教授の

高橋弘先生が考案した野菜スープです。

 

ただの野菜スープではなく

野菜に含まれている

ファイトケミカルを

積極的に摂取するためのスープなのです。

 

ファイトケミカルとは?

ハーバード大学式野菜スープの肝ともいえる

ファイトケミカルとは何?って思いますよね。

最近話題になっているので

知っている方も多いと思いますが

植物に含まれている抗酸化物質のことです。

 

タンパク質、炭水化物、脂質

ビタミン、ミネラルを

5大栄養素と言って

食物繊維を第6の栄養素

このファイトケミカルは

第7の栄養素と言われています。

 

ファイトケミカルの多くは

果物や野菜の色素や辛味成分であり

ブロッコリースプラウトの

スルフォラファンや

ぶどうのポリフェノールなどで

大部分は皮周辺に含まれています。

 

スポンサーリンク

ファイトケミカルの効果

抗酸化作用があるファイトケミカルを摂ると

体が酸化されるのを防いでくれるので

老化の原因と言われている

活性酸素を除いてくれます。

その結果

 

  • ガンを予防
  • 血管の老化予防
  • 免疫力向上
  • アレルギーを抑える
  • 美肌
  • アンチエイジング
  • ダイエット効果
  • 便秘改善

 

などの効果があるとされています。

 

ハーバード式長生きスープのレシピ

ファイトケミカルを

効率よく摂取できる野菜スープで

いつでも入手できる野菜の

キャベツ・タマネギ・ニンジン・カボチャ

を使ったスープです。

 

ポイントとして皮ごと使ってください。

皮にファイトケミカルがいっぱいあるので

ココを捨てたら意味がないですよ。

 

材料

キャベツ・・100g

タマネギ・・100g

ニンジン・・100g

カボチャ・・100g

水・・1リットル

 

スポンサーリンク

作り方

①キャベツ、たまねぎ、にんじん、かぼちゃを

3㎝角程度の大きさに刻みます。

 

②ホーローなどの密閉性がある鍋に

野菜と水を入れて火にかけます。

 

③沸騰してきたらコトコト程度の火にして

20分煮込めば完成です。

 

飲み方

空腹時に1回200mlを目安に飲みます。

 

健康を維持したい人・・200ml 1~2回

ダイエットしたい人・・200ml 2~3回

免疫力を高めたい・・200ml 3~4回

 

おすすめは朝食の前です。

 

保存は冷蔵庫で1日、冷凍庫で2週間です。

冷凍庫で保存したほうが

細胞がより壊れてファイトケミカルが

スープに出てきやすいのでおすすめです。

 

残った野菜

残った野菜は味があまりないので

コンソメで味付けをしたリ

味付けをして食べてください。

 

食物繊維が豊富なので

ダイエットにも効果的ですよ。

 

まとめ

健康を維持するためにも

ファイトケミカルをたっぷり含んだ

ハーバード式スープを

作って飲もうと思います。

 

追記9月9日:実際に作ってみた

どんな味がするものか

自分でも実際に作ってみました。

 

f:id:kinyanpu:20160910023810j:plain

 

3㎝角に切った野菜たちを

20分コトコト煮込めば完成と

めちゃくちゃ簡単でした。

 

ちなみに、にんじんと玉ねぎの皮は

後の野菜の使い道を考えて

不織布に入れて一緒に炊きました。

 

どんな味?

正直薄くてまずくもないが美味くもないといった感じです。

でも、毎日飲んのが苦痛な味ではないので

続けるのが苦になる物ではないですね。

 

ぜひ皆さんも作ってみてください。

 

 

 

スポンサーリンク