低炭水化物ダイエット―ごはん、パン、パスタ…やめられない、やせられない人へ

9月26日の今夜解決!噂の健康術

名医のTHE太鼓判では

世の中に溢れている

痩せるためのダイエットでやっていることを

名医の先生たちがジャッジして

正しいのか持論を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

痩せると信じてやっていることベスト5

第5位:1日2食にする

 

第4位:とにかく走る

 

第3位:野菜から食べ始める

 

第2位:とにかく歩く

 

第1位:炭水化物を食べないようにする

 

これら5つのテーマについて教えてくれました。

 

スポンサーリンク

炭水化物を食べないダイエットのジャッジ

炭水化物を抜くことは

4人の先生によってジャッジしてくれました。

 

内科の森田豊先生

産婦人科の丸田佳奈先生

内科の川村優希先生

消化器内科の大竹真一郎先生です。

 

森田先生によると

炭水化物抜きダイエットは

リバウンドしやすいので要注意とのことです。

 

川村先生も脳への影響があるので

緩やかに低糖質にすることがポイントとのことです。

 

丸田先生はダメとの判断です。

炭水化物を抜くと筋肉が減ってしまうので

代謝が落ちてしまいます。

 

大竹先生は肥満の人は

炭水化物を抜く危険性よりも

肥満の危険性の方が高いので

人によったら炭水化物を抜いたほうがいいとのことです。

 

炭水化物を食べても太りにくくする裏技

炭水化物を食べても太りにくくするために

冷やして食べることをおすすめしていました。

 

レジスタントスターチという

消化しにくい物質になります。

 

血糖値を上がりにくくしてくれて

食物繊維の様な働きをしてくれます。

 

レジスタントスターチの更なる効果

朝にレジスタントスターチを食べた人の方が

お昼の血糖値の上昇が緩和されます。

 

1日2食にするジャッジ

森田先生によると

1日3食がベストとのこと。

2食だとドカ食いしてしまうので

結果太りやすくなってしまいます。

 

特に朝食を食べない人は

脳出血を起こす確率が36%も上がるという

データもあるので

きちんと食べたほうがいいようです。

 

野菜から食べるジャッジ

野菜から食べるのは良いですが

森田先生はお肉から食べることをお勧めしていました。

 

野菜の中には糖質を含んでいる

かぼちゃや豆類レンコンがあり

お肉から食べると良いとのことです。

 

お肉を食べると

インクレチンというホルモンが出て

腸の動きを緩やかにしてくれて

腸の吸収を穏やかにしてくれます。

 

スポンサーリンク

食べすぎをなかったことにする方法

管理栄養士の浅尾貴子さんによると

食べたものが体脂肪に変わるまでには

1日以上かかります。

 

そのためにその後2日間の食事を調整することで

なかったことにできるとのことです。

 

また、量の調整だけでなく

バランスの調整もすることが大切です。

 

下痢を止めるツボのやり方

kinyanpu.hatenablog.com

 

スプーンで視力を回復させる方法

kinyanpu.hatenablog.com

 

まとめ

結構普通のことばかりでしたね。

低炭水化物ダイエットは

私も実践してかなり痩せたので

おすすめですよ。

 

スポンサーリンク