だって40なんだも~ん!―加齢なる40代女子のコミック&エッセイ

11月16日のガッテンでは

NASA直伝のアンチエイジング術として

メタボなどの生活習慣病や

筋力、骨密度の低下などの

体の老化現象を遅らせる方法を教えてくれました。

重力が関係しており

備忘録として紹介します。

 

 

座りすぎは身体に悪い

NASAは老化についても研究しており

最新の研究で座りすぎはたばこ並に健康に悪いと言われており

1時間座り続けると22分寿命が縮むそうです。

これは別に座っていると運動不足になるからではないのです。

老化スイッチが関係していることが判明しました。

スポンサーリンク

重力が大切

宇宙に行って帰ってきた宇宙飛行士は

老化がとても進んでおり

立っていられなくなっていました。

 

  • 筋力の低下
  • 免疫力低下
  • 循環機能低下
  • 代謝異常
  • 骨密度の低下

 

宇宙から帰ってきた宇宙飛行士は

これらの異常があって

特に筋力の低下は老人の1年分が

宇宙ではたった1ヶ月で起こってしまいます。

しかも、宇宙で1日3時間も運動しているにもかかわらずです。

 

老化スイッチは耳石

運動しているにもかかわらず老化するのは

耳の奥の内耳のさらに奥にある

耳石がポイントです。

 

耳石とは重力を感知する装置で

体の傾きを感じることができます。

 

耳石は体の筋肉に繋がっており

耳石の信号を受けることで

筋肉が動いて転ばずに歩いたりできます。

 

しかし、無重力状態だと耳石が浮いてしまうので

どれだけ運動しても耳石から

筋肉には刺激が行かないので

筋力の低下が起こると考えられています。

 

座り続けることは無重力と同じ

平均台をわたる実験では

立った状態だと目をつぶっても渡れたのに

2時間座り続けた後だと

全員平均台を渡ることができなかったのです。

 

座っている状態は宇宙と同じ

悪影響を及ぼしていることが判明したのです。

 

座りっぱなしの状態だと

耳石がほとんど動かないので

無重力空間と同じような状態となり

宇宙に行ったのと同じような老化現象が起こってしまいます。

 

耳石は自律神経にも深くかかわっているので

耳石を動かすことで

心臓の働きや血の巡りが良くなって

代謝が良くなります。

逆に動かさないことで代謝が悪くなります。

 

赤ちゃんを揺らすことで

筋力がアップすることも分かっており

赤ちゃんが揺らされるのが好きなのは

本能でわかっているとのことです。

 

NASA直伝のアンチエイジング

立ち上がることがとても重要なのです。

スポンサーリンク

30分に1度立ち上がります。

たったこれだけで耳石が動いて

歩くよりも効果があります。

 

1日に32回立ち上がるのが効果的だそうで

8時間寝ていると考えると

30分に1度立ち上がるのがベストだという事が判明しました。

 

これを番組で試したところ

  • 中性脂肪は15%減
  • 悪玉コレステロールは5%減
  • 善玉コレステロールは11%増

という結果が現れました。

 

病床で立ち上がれない人は

頭を持ち上げるだけでも

効果を期待できるそうです。

 

まとめ

30分に1度立ち上がるだけなら

簡単にできるので

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク