【訳あり】ローストビーフスライス1kg 【直送品】

12月24日のサタプラことサタデープラスでは

紫吹淳さんの花嫁修業として

低温加熱調理の弱火料理人の水島弘史さんが

ローストビーフの作り方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

水島流 ローストビーフのレシピ

油を含ませたキッチンペーパーで包み

120℃のオーブンでじっくりと焼いて作ります。

塩の量は肉の重さの85%の0.8%にすることでおいしくなります。

 

材料

 

スポンサーリンク

牛かたまり肉・・500g

塩・・小さじ2/3

こしょう・・適量

サラダ油・・適量

 

ぶどう・・適量

 

<ソース>

バルサミコ酢・・20g

砂糖・・10g

しょうゆ・・10g

ホースラディッシュ(またはわさび)・・10g

こしょう・・適量

 

作り方

①お肉の重さを測ります。

最初の重さより93%の重さになるのが理想なので

500gのお肉だった場合、465gになるのが理想です。

 

 

②お肉に油をハケで全体に塗って

牛かたまり肉をコーティングします。

 

③小さいステンレス製の網とバットにのせて

120℃に余熱したオーブンに入れます。

ブドウも一緒に入れます。

 

④20分経ったら一度だけ肉をひっくり返して

さらに20分焼きます。

 

⑤焼きあがったら肉全体に塩を振りかけます。

 

⑥フライパンで肉に焼き目を付けます。

 

⑦5分ほど冷ましたらお肉を切り分けます。

 

⑧お皿に添えたら完成です。

 

スポンサーリンク

⑨ソースを作ります。

バルサミコ酢をとろりとするまで煮詰めます。

 

⑩⑨に砂糖、しょうゆ、こしょう、ラディッシュを加えて

取っておいた肉汁を加えます。

 

⑪⑩のソースをローストビーフにかけて完成です。

 

まとめ

オーブンが120℃かどうか調べるのに

オーブンメーターを使うと便利ですよ。

肉じゃがのレシピ

 

チャーハンのレシピ

 

餃子のレシピ

スポンサーリンク