敦賀合同青果 越のルビー完熟トマトのまるごとゼリー 12個入り

2月27日のサタデープラス内の

Dr.プラスではコレステロールを改善してくれる

トマト寒天がピックアップされました。

善玉コレステロールが増えて

悪玉コレステロールを減らしてくれ

さらに様々な健康効果があってすごかったので

備忘録として紹介します。

 

コレステロールを改善するトマト寒天

最近、腸を健康にすることで

体の抵抗力を保ってくれると言われており

腸をよくする食べ物は

発酵した物繊維なのです。

 

寒天は繊維の王様と言われるくらい

食物繊維が多くて

一般的に食物繊維が多いとされる

ゴボウの13倍も含まれているのです。

 

3か月間寒天を週5回以上食べた人は

悪玉コレステロールが低下することが

研究によって明らかとなっています。

 

また、トマトにもコレステロールを改善する効果があり

普通食品では増やすことができないとされていた

善玉コレステロールをトマトのリコピンが

増やしてくれることがカゴメが発表したのです。

 

こちらがそのリコピンをさらに多く含んだ

トマトジュースとなっています。

 

さらにリコピンは抗酸化力も強くて

血管の老化を防いで動脈硬化を予防してくれる働きもあります。

 

つまりトマト寒天は

トマトで善玉コレステロールを増やして

寒天で悪玉コレステロールを減らしてくれる

完璧な組み合わせなのです。

 

トマト寒天の作り方

スポンサーリンク

トマト寒天を作るときには

普通の粉寒天でもいいのですが

できることなら棒寒天を使ったほうがいいです。

 

  粉寒天 棒寒天 100gあたり
カリウム 30mg 52mg 1.7倍
マグネシウム 39mg 100mg 2.6倍
カルシウム 120mg 660mg 5.5倍

 

こちらの表のように

カリウム、マグネシウム、カルシウムが

粉寒天よりかなり多いのです。

乾物屋の底力 無漂白 角かんてん 約8g×2本×5袋

乾物屋の底力 無漂白 角かんてん 約8g×2本×5袋

 

 

材料

スポンサーリンク

棒寒天・・1本(粉寒天でも代用可)

水・・300㏄

トマトジュース・・300㏄

トマト・・2個(無ければジュースだけで大丈夫)

 

作り方

①棒寒天を細かくちぎって

水で洗います。

 

②20分ほど水に浸します。

 

③棒寒天が柔らかくなって来たら

水を加えて中火にかけながら

棒寒天を溶かします。

 

④寒天が溶けだしたら

トマトジュースを加えます。

 

⑤細かく刻んだトマトを

混ぜ合わせます。

 

⑥型となる容器に移して常温で固めます。

 

⑦適当な形に切ってお召し上がりください

 

そのお味は?

トマトジュースの酸味でさっぱりと

食べられて美味しいそうです。

冷蔵庫に入れておくと

1週間は日持ちするそうなので

土日に多めに作って

毎日食べたいですね。

 

寒天の更なる効果

寒天にはさらに食物繊維が多いので

便秘を解消してくれます。

さらに、高血圧も防止してくれて

糖尿病の予防改善にもなるそうです。

 

3か月週5日寒天を食べ続けた人は

血糖値が下がるという研究があるのです。

 

まとめ

トマトが健康にいいことは

かなり有名ですが

今日は寒天がすごいということも知りました。

 

特に手作りで作られる

棒寒天は粉寒天にない

健康効果がたくさんあることもわかりました。

 

このトマト寒天はカゴメの高リコピンの

トマトジュースを使って

棒寒天で作れば最強じゃないかと思います。

 

 

茅野寒天 特等寒天 天日干し 棒寒天 4本

茅野寒天 特等寒天 天日干し 棒寒天 4本

 

 

スポンサーリンク