家庭用 ハーブの水耕栽培キット「窓辺で大葉(青シソ)支柱付」

7月4日の主治医が見つかる診療所では

ちょい足し食材第4弾として

和製ハーブの青じそ(大葉)が紹介されました。

そのレシピなどを備忘録として紹介します。

 

ちょい足し食材「青じそ・大葉」

青じそにはβカロテンが多く含まれており

これには抗酸化作用があります。

皮膚や粘膜を強くしてくれて

免疫力を高めてくれます。

 

βカロテンは今注目されている

ファイトケミカルの1つなのです。

 

ファイトケミカルとは?

野菜や果物が酸化から身を守るために持っている

抗酸化物質のことで

人間の体内では作ることができません。

 

βカロテン

ファイトケミカルの1つで

皮膚や粘膜に働きかけて

免疫力を高めてくれます。

 

βカロテンと言えば

にんじんやほうれん草のイメージですが

なんとニンジンの1.3倍も

青じその方が多いのです。

 

スポンサーリンク

青じその生産地:愛知県豊橋市

青じそと言えば

刺身のツマとして食べる程度なので

杉浦太陽さんが

愛知県豊橋市に行って

その実態を調査してきました。

 

青じその香り成分

青じその独特の香りは

葉の裏にあるカプセルから出ています。

その香りの成分は

ぺリルアルデヒドと呼ばれており

胃液の分泌を促進させてくれて

食欲増進に効果があります。

 

青じそパンのレシピ

パンにもシソが入っています。

 

材料

パン生地

青じそ

 

<パンの具>

鶏の挽肉

豆腐

青じそ(みじん切り)

 

作り方

①パンの具をすべてボウルで混ぜ合わせます。

 

②肉団子のようにして

フライパンで焼きます。

 

③焼きあがったら青じそで包んで

さらにパン生地で包みます。

 

④オーブンで11分焼けば完成です。

 

スポンサーリンク

大葉味噌のレシピ

ご飯によく合う一品です。

 

材料

みそ

青じそ(みじん切り)

砂糖

ゴマ

ごま油

 

作り方

①フライパンで全ての材料を混ぜ合わせて

火にかけて炒めます。

 

②適度に通れば完成です。

 

青じその包み揚げのレシピ

フライになっており

とても美味しそうです。

 

材料

ミニトマト

チーズ

青じそ

豚肉

小麦粉

溶き卵

パン粉

揚げ油

 

作り方

①ミニトマトとチーズを

青じそで包みます。

 

②さらに豚肉を巻いていきます。

 

③衣をつけてあげれば完成です。

 

青じそのアイスクリーム

青じそでさっぱりと美味しそうです。

 

材料

青じそ

バニラアイスの素

 

作り方

①青じそをすり鉢でペースト状にします。

 

②①にバニラアイスの素を入れます。

 

③冷凍庫で冷やせば完成です。

 

青じそを入れたハンバーグや

しらすと青じそをごま油で和えた

料理も美味しそうでした。

 

まとめ

青じそ風呂に入っていましたが

ちょっともったいない気もしますが

香りがいいのでやってみたいですね。

 

実家でも作っていますが

庭にあると便利ですよ。

 

スポンサーリンク