7月17日のこの差って何ですかでは

旬のとうもろこしを

産地の山梨県甲府に行って調べ

産地ならではの料理を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

甲府盆地のきみひめ

甲府盆地は雲が周りの山で阻まれるので

日照時間が長くて

あまくて美味しいトウモロコシができます。

その中でも「きみひめ」は

糖度がメロンよりも甘い18度もあるので

甘いトウモロコシを味わうことができます。

 

ヤフーショッピングでは

まだ、残っていたので

欲しい人は即買いですよ。

 

産地ならではの蒸しとうもろこし

普通はとうもろこしを茹でる人が多いですが

産地では蒸して調理します。

 

さらに皮は全部剥かずに

最後の1枚だけ皮を残して蒸しあげます。

 

皮がないとうもろこしは

ラップで包んで蒸してもOKです。

 

蒸し上がったら

塩水に軽くくぐらせて完成です。

 

スポンサーリンク

焼きトウモロコシの作り方!

産地では蒸かしたトウモロコシを

焼きとうもろこしにするので

ちょっと炙って焦げ目をつけてあげると

断然おいしくなります。

 

まとめ

美味しいとうもろこしは

皮が緑が濃いので

そのあたりも注意して買いたいですね。

 

スポンサーリンク