AxiEr ワンステップコーンカッター  脱穀機  トウモロコシ粒を簡単に剥き取る

7月17日のこの差って何ですかでは

旬のとうもろこしを使って

産地の山梨県の甲府盆地の料理として

焦がしバターコーンと

コーンのかき揚げと

コーンスープの作り方を

教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

焦がしバターコーンのレシピ

一度素揚げすることで

芯が反るのでコーンに隙間が生まれて

バターがよく染み込みます。

 

材料

とうもろこし・・1本

バター・・20g

醤油・・小さじ1

揚げ油・・適量

 

作り方

①とうもろこしを半分に切って

それから縦に4等分にします。

 

②180°の揚げ油で、きつね色になるまで揚げます。

芯が縮むのでくるんと丸まります。

 

③別のフライパンにバターを溶かしたら

醤油を加えてソースを作り

揚げたとうもろこしを入れてソースをからめて完成です。

 

スポンサーリンク

コーンのかき揚げのレシピ

とうもろこしのひげも揚げて

それを器にします。

 

材料

とうもろこし・・1本

たまねぎ・・1/2個

小麦粉・・大さじ2

コーンスターチ・・大さじ1

水・・適量

とうもろこしのヒゲ・・適量(内側の柔らかい部分のみ)

揚げ油・・適量

 

作り方

①とうもろこしは粒を切り離して

玉ねぎは粗みじん切りにしておきます。

コーンピーラーを使うと簡単ですよ。

貝印 Broad Beans コーンカッター AB-5564

貝印 Broad Beans コーンカッター AB-5564

 

 

②ボウルに①と小麦粉

コーンスターチを加えて

混ぜ合わせてから水を加えます。

コーンスターチを加えるのがポイントです。

 

③クッキングペーパーを7~8cm四方にカットし

その上にスプーンで②を乗せたら

180℃に熱した揚げ油にペーパーごと入れて

きつね色になるまで揚げます。

 

④ヒゲはみそ漉しに丸めて乗せ

その上からもう一本のみそ漉しで

押さえながら揚げ油に入れて

きつね色になるまで揚げます。

 

⑤髭の上にコーンのかき揚げをのせて完成です。

 

スポンサーリンク

冷製コーンスープのレシピ

とうもろこしをすりおろすところが

産地ならではの作り方です。

 

材料

とうもろこし・・3本

牛乳・・500ml

顆粒コンソメ・・小さじ1

塩・こしょう・・少々

 

作り方

①皮をむいたとうもろこしを

おろし金で粒をすりおろします。

 

②鍋に①と牛乳、コンソメを入れて

沸騰させたら塩こしょうで味を調えます。

 

③耐熱ポットなどに入れ替えて

冷蔵庫で冷やしておけば完成です。

 

冷やすとより甘みが増します。

 

山梨のきみひめのお取り寄せ

メロンよりも甘いきみひめは

Yahoo!ショッピングで取り寄せできますよ。

楽天は今のところ売り切れが多かったので

早めに買ったほうがよさそうです。

スポンサーリンク