「血管力」で若返る! (生活シリーズ)

9月3日のサタプラことサタデープラスでは

緊急心臓手術から3か月の関根勤さんが登場し

運動は血管にいいですが

ゴルフや登山は突然死のリスクがあることと

寝ながら泳ぐずぼら運動の

やり方を教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

 

ゴルフは突然死のリスク

関根さんは筋トレやウォーキングをしており

運動は血管若返りに重要なのですが

ゴルフは突然死のリスクがあり

ランニングを1.0とした場合

ゴルフは8.1倍も突然死のリスクがあります。

 

特に1番ホールのパットが

一番危険なのです。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞は寝起きから2~3時間後に

発生することが多く

ゴルフは早朝から始めるので

ちょうど起床後2~3時間後に

一番緊張するパットの時に

突然死をすることがあるのです。

 

また、温度変化などで汗をかき

脱水症状も起こりやすいのです。

 

喉が渇いたからと言ってビールを

飲むことが多いと思いますが

ビールには利尿作用があり

ビールを1リットル飲んだら

尿が1.1リットルも出てしまうという

研究結果もあります。

 

また、登山も突然死のリスクがあり

脱水症状に気を付ける必要があります。

 

ゴルフなら2ホールに1回

登山なら10分に1回

水分補給のタイミングを決めておくことが大切です。

 

血管若返りのずぼら運動

ゆっくり動かして

筋肉を使って血液を流してあげることで

血管若返りに繋がります。

 

寝泳ぎのやり方

スポンサーリンク

①床にあおむけに寝転がります。

 

②右手を頭の上でのばして

同時に左足を上げて伸ばします。

 

背泳ぎのようにゆっくり

水を掻くようにするのがポイントです。

 

③反対側も同じようにします。

 

④左右1セットとして10回行うだけです。

 

ただし各動作はゆっくり

3秒かけて行うことが重要です。

 

まとめ

ゴルフが突然死のリスクが

そんなに高いとは思いませんでした。

確かに第1ホールは緊張しますもんね。

私はドライバーが下手くそなので

その時が危なそうです。

 

 

スポンサーリンク