体にいい「食べ合わせ」 (TJMOOK 知恵袋BOOKS)

12月12日の主治医が見つかる診療所では

すぐできる簡単食べ合わせ法が紹介され

1日1食にスープを摂ることで

やせる・免疫力アップ・認知症予防ができるとのことで

そのやり方を教えてくれましたので

備忘録として紹介します。

 

スポンサーリンク

 

食べ合わせの重要性

トンカツにキャベツや

酢豚にパイナップルなどは

タンパク質の分解を助けてくれるので

とてもいい食べ合わせです。

 

このように食べ合わせを気を付けることで

健康によくもなり悪くもなります。

 

うなぎ×梅干し

うなぎと梅干しは良くない食べ合わせと言われていますが

特に関係なくほどほどの梅干しなら

逆に健康にいいそうです。

 

カニ×柿

カニと柿の食べ合わせは

両方とも体を冷やすので

食べ合わせとしてはよくありません。

 

骨粗しょう症には「納豆×しらす」

健康にいい食品の代表の納豆は

しらすと合わせることで骨粗しょう症を予防できます。

 

納豆のビタミンKはカルシウムの吸収を促進して

骨が壊れるのを防いでくれます。

 

疲労回復には「肉×わさび」

疲労回復にはアミノ酸を摂るのが重要ですが

胃もたれが心配ですよね。

わさびと合わせると胃もたれが予防できます。

スポンサーリンク

免疫力アップには「アーモンド×レモン」

アーモンドのミネラルをレモンが

吸収しやすくしてくれます。

ブロッコリーも一緒に食べるサラダにすればGOOD!

 

認知症予防には「さば×抹茶」

青魚のDHAは酸化されやすいので

抹茶を加えることで

カテキンの抗酸化作用で認知症予防になります。

さらに抹茶がコーティングしてくれて

味もよくなるそうですよ。

 

1日1食スープ

現代人はタンパク質不足に陥っており

頭痛などの症状が現れることが分かってきました。

 

それを解決するためにスープを

1日1食食べることがおすすめです。

 

ポイント

スープのポイントは

植物性と動物性のタンパク質を一緒に摂り

沢山の野菜を食べることが重要です。

スポンサーリンク

ダイエットスープ

豆乳と牡蠣を使います。

植物性と動物性のタンパク質です。

牡蠣は鉄分も豊富なのでダイエットに最適の食材です。

レシピはこちらです。

 

脳の老化防止スープ

イワシと豆腐を使います。

イワシのEPAには血液中のコレステロールを減らしてくれ

豆腐のレシチンは体内の細胞膜をしっかりしてくれて

脳の老化を予防できます。

レシピはこちらです。

 

まとめ

普段の食事をちょっと気を付けるだけなので

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク