天丼の具

10月30日の噂の東京マガジンのやってTRYでは

銀座天一 野村隆博さんが

天丼の作り方を教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

天丼のレシピ

エビに天ぷら粉をつける前に

小麦粉をまぶしておくと上手く衣が付きます。

 

材料

スポンサーリンク

ブラックタイガー・・2匹

舞茸・・適量

えのき・・適量

エリンギ・・適量

獅子唐・・適量

しいたけ・・適量

 

<天ぷら粉>

卵・・1個

冷水・・340cc

小麦粉・・200g

 

<丼つゆ>

しょう油・・90cc

みりん・・60cc

砂糖・・大さじ3

かつおだし・・180cc

 

サラダ油・・適量

ごま油・・適量

 

作り方

①しょう油、みりん、砂糖を鍋に入れて

沸騰させて灰汁を取ってからダシを入れます。

 

②それぞれの具材を食べやすい大きさに切ります。

エビは殻をむいてしっぽの先を切り落としてから

腹側に切り込みを三箇所入れて押しながらまっすぐにのばします。

 

③溶いた卵に冷水を入れて軽く混ぜて

小麦粉を加えてざっくり混ぜます。

小麦粉も冷やしていたほうがさっくり揚がりますし

混ぜすぎないこともコツです。

 

④サラダ油とごま油を 1:1を170℃ぐらいに熱します。

 

⑤天ぷら粉につけて具材を揚げます。

舞茸、えのきはダマになりやすいので油に入れた時に振って

余分な粉を落としながら揚げます。

スポンサーリンク

⑥エビは天ぷら粉につける前に小麦粉をまぶしてから

衣をつけた揚げます。

 

⑦タレを適量かけたごはんの上に天ぷらを乗せ

さらにタレを回しかければ完成です。

 

まとめ

久々に天丼が食べたくなりましたね。

以前住んでいた駅には

1杯500円の天丼が売られていたので

よく通っており食べに行きたくなりました。

 

スポンサーリンク