人は声から若返る

11月18日のその原因、Xにありでは

アンチエイジングSPとして

意外な老化ポイントの声が特集され

老け声解消のトレーニングを教えてくれました。

備忘録として紹介します。

 

 

老け声とは?

若いときは高くて可愛い声でも

年齢を重ねるにつれて

低くなってかすれてくるのが声の老化です。

 

30代~60代の女性500人に

年齢より老けて感じる声のイメージでも

かすれた声と低い声の指摘がありました。

スポンサーリンク

声は声帯が震えて声になっており

発声時は声帯が閉じて震えています。

 

声の高さ

女性は1秒間に240回ほど振動して高い声を出すのですが

老け声の女性は140ヘルツまで振動数が減っており

男子の100~120ヘルツに近い数値になっていました。

 

声のかすれ

若い時は声帯はきっちりと閉じているのですが

かすれ声の人は声帯に隙間が空いており

息がもれてしまうのです。

 

これらのことから声老けは

声帯のたるみにあります。

 

簡単「声老け」チェック

①「あ~」と声と出し続けます。

 

②女性なら12秒、男性なら15秒を目標とします。

これに届かなかったら

声帯がたるんで声老けになっているかもしれません。

 

声帯がたるむ理由

声帯は筋肉と粘膜で出来ています。

筋肉は老化と共にやせ細っていき

粘膜も肌といっしょなので年齢とともに

しわがれたりたるんだりしてしまいます。

 

老け声を改善するトレーニング「息ごらえエクササイズ」

声の印象をグッと若返らせることができます。

さらには認知症の予防にも効果があります。

両手をオペラ歌手のように前で

手を組んでするトレーニングです。

スポンサーリンク

やり方

①胸の前で手のひらを組み大きく息を吸います。

 

②両手を左右に引っ張り5秒息をこらえます。

 

③5秒こらえたらゆっくり息を吐いてリラックスします。

 

これを10回くらい返します。

朝昼晩で3セット行ってください。

 

まとめ

最近、声がでにくくなっているので

ぜひやってみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク