1つ前の記事でレーダー探知機を紹介しましたが

このレーダーの電源はシガーソケットからは取っていません。

出来るだけ純正のデザインを崩したくないので

運転席の下にあるCASというユニットからアクセサリー電源を取っています。

今回はそのやり方を書きたいと思います。


スポンサーリンク

まず、運転席の足元のカバーを外します。

BMWは普通のネジではなくて

トルクスネジを使用しています。

トルクス用のドライバーはダイソーでも売ってます。

1つあれば便利なのでぜひご用意を。

VESSEL トルクスドライバーセット No.TX-10

カバーにはフットライトの配線もあるので

断線しないように気を付けてください。

そうしたら、CASユニットが見えるので

そこに刺さっている41Pコネクターをロックを解除して外します。

CASユニットの41Pコネクターのソケット

上から3番目が空いているのがわかると思います。

ここからACC電源をとることが出来ます。

しかし、ここに指すケーブルは?

となった方が多いのではないでしょうか。

ちむもここでどうしようかと思ったのですが

ディーラーに聞いたところケーブルを売ってくれました。

P/Nは61130005197

で、300円位だったと思います。

それを指して、安全のために10Aのヒューズをかまし

ホームセンターで売ってるシガーソケットを3分割する

たこ足配線みたいなやつの先っぽを切って

プラスと結合し、マイナスはその辺のネジにアースしました。

ナポレックス(NAPOLEX) ソケット Fizz(フィズ) マルチソケットS3 ブラック Fizz-893

スポンサーリンク

それを目立たない足元のカバーの裏側に両面テープで取り付けました。

これで他にもACC電源を使うものが出てきたら

増設したソケットから電源を取ることが出来ます。

配線をごちゃごちゃはわせるのが嫌な方はお試しあれ。

もちろん自己責任でお願いします。

スポンサーリンク