猛暑が続いていますね。

こんなに暑い日に車に乗ると

窓ガラス越しの太陽がジリジリと熱いですよね。

特にBMWのウィンドウは

UVカットガラスではありません。

ディーラーの方に尋ねたので間違いないです。

紫外線対策と熱線対策でウィンドウフィルムを

貼りましたのでそのレビューをしたいと思います。


スポンサーリンク


まず、325iのウィンドウですが

プライバシーガラスですらありません。

フロントだけではなくリアの3面も透明ガラスなので後ろから丸見えです。

さらに、UVカットですらないので

真夏にドライブすると車内で顔と右手だけ日焼けをしてしまう

というカッコ悪いことになってしまいます。

色々模索していると

フロントガラスにも貼れる透明のフィルムが売っています。

フロントにはフィルムを貼ってはいけないと

思っている方もいるでしょうが

透過率が70%を超えていれば車検は通ります。

しかし貼ってくれるお店はなかなか限られているし

結構値段もします。

そんな中探したお店がテクネスタジオ PEACEさんです。

お店に行ったときはリアのスモークは

あまり暗くないようにするつもりだったのですが

お店の方の勧めもあり

リア3面はSylphide(シルフィード) IKC SC-7020という

20%スモークの断熱フィルムを施工していただきました。

ちなみに単なるスモークを貼っても

車内への太陽光線の熱線は防げませんが

このシルフィードの断熱フィルムは熱線も54%防いでくれるので

真夏の車内の温度上昇を防ぐことが出来ます。

もちろんUVは99%カットです。

フロントサイドとサンルーフは

3Mのクリスタリン90を施工していただきました。

こちらは可視光線は91%通すのに

UVは99%カット

さらに熱線は92%カットしてくれます。

フロントガラスはクリスタリン90は使えないそうなので

3Mのピュアカット89を施工していただきました。

こちらも可視光線は89%通すのに

UVは99%カット

熱線は76%カットしてくれるという代物。

最後にフロント3面の光の透過度を測ってもらいましたが

すべて76%を超えていたので車検もばっちりです。

現に1度車検は通過しております。

施工後の写真は

f:id:kinyanpu:20150815014018j:plain

Sylphide(シルフィード) IKC SC-7020

f:id:kinyanpu:20150815014054j:plain

3Mクリスタリン90

f:id:kinyanpu:20150815014119j:plain

3Mピュアカット89

リアは20%のスモークでちょうどよかったです。

夜の見にくさも気にならない程度でした。

肝心のフロント3面ですが

純正のガラスと違いがわからないくらい透明度が高いです。

しかし、熱線はきちんとカットしてくれています。

窓を少し開けて直に太陽が当たっているところと

クリスタリン90を通して太陽が当たっているところでは

ジリジリ熱い感じ方がまったく違います。

そして車に乗せているぬいぐるみの色が

褪せてこないのでUVカットもちゃんとしてくれています。

ただし、炎天下で駐車していると

車内は灼熱地獄になるのは変わりません。

窓だけじゃなく天井からも熱は来ますしね。

スポンサーリンク


気になるお値段ですが

E90 325iのサイズで

リア3面Sylphide(シルフィード) IKC SC-7020が33000円。

フロント両サイドに3Mクリスタリン90で18000円

フロントガラスに3Mピュアカット89で16000円

サンルーフに3Mクリスタリン90で8000円

といった値段の内訳になっています。

施工当時で関西で一番安く施工していただける店を

探したので今もほぼ最安値ではないのかと思います。

ちなみに施工してもらって

フロントガラスに糊の塊があるのが目について

連絡をしたところ

ちゃんとやり直してくれました。

テクネスタジオ PEACEさんおすすめします。

www.k-tsp.com

ちょっと値段は張りましたが

施工してよかったと思える一品です。

スポンサーリンク