キュランダ高原列車のカーブ

ケアンズへの新婚旅行記第4日目です。

この日はオプショナルツアーで

スカイレールに乗ってレインフォレステーションに行き

アボリジニのショーを見て

キュランダの街を散策し

世界の車窓からのキュランダ高原列車に乗りました。

めちゃくちゃ楽しかったのでどうぞご覧ください。


スポンサーリンク

カフェで朝ご飯

朝ごはんをカフェに食べに行きます。

3日目のグリーン島への船着場前のカフェが

気になっていたのでそこで朝食をとりました。

カフェの中

カフェのお姉さん

かなり人気のようで賑わっていました。

ホットサンドからフルーツまで

幅広く揃えられていました。

フルーツの棚

お姉さんに片言の英語で伝えると

さすが世界から人が来る観光地なので

余裕で理解してくれました。

ベーコンとチーズのホットサンドと

タンドリーチキンを注文!

ジュースも購入。

ベーコンのホットサンド

オレンジジュース

周りを見渡せば同じようにオープンカフェで食べている人が

たくさんいてちょっとお洒落な気分になりました。

カフェで食べる人達

キュランダへオプショナルツアー

食べ終わったらホテルでオプショナルツアーのお迎えを待ちます。

マイクロバスでお迎えに来てくれました。

このツアーは人気なのでたくさん人が乗ってきます。

大学院時代いた教授に似たおっさん3人衆が

自慢話ばかりしていてちょっとうざかったですが(笑)

ちなみにキュランダに行くツアーはたくさんありますが

今回は豪華にデラックスツアーにしました。

スカイレールに乗るか乗らないかでかなり金額が異なりますが

熱帯雨林の上をゴンドラで行くのは

貴重な体験でしたのでこれから行く方は

是非スカイレールに乗ってみてほしいです。

キュランダまでの道のりは列車が先の場合と

スカイレールが先の場合があるそうですが

今回はスカイレールが先でした。

ほどなくしてスカイレールの駅に到着です。

スカイレールの駅

麓のお土産屋さんにユリシスという青い蝶の標本が売られていましたが

普通は採取禁止なので欲しい方は買っておいてもいいと思います。

後からケアンズで探しましたが見つかりませんでした。

トイレの横には看板もありました。

スカイレールの看板

ツアーの添乗員さんからスカイレールのチケットを受け取って

いざゴンドラに乗りこみます。

スカイレールのチケット

こちらがそのチケットです。

スカイレールの乗り込み口

乗り場はこんな感じでした。

ここであのおっさん達3人衆のうちの1人がこっちのゴンドラに乗ってきて

しゃべっているので勘弁してほしかったです。

後方を振り向くと海とサトウキビ畑が一面に広がっており

他にはない風景でした。

池の上なんかも迫力がありました。

池の上

スカイレールでキュランダに行く場合

中間駅で乗り換えをしなければいけません。

その駅には散歩コースがあって添乗員さんの案内で

熱帯雨林の植物を見ながらしばし散歩しました。

そして次のゴンドラに乗りこんでキュランダまで

熱帯雨林の上を優雅に行く旅です。

熱帯雨林の上

しかし、おっさん3人衆と一緒のゴンドラにされてしまって

せっかくの優雅な空の旅が台無しでした。

これは添乗員さんがもっと気を配ってほしかったと思いました。

特に、添乗員が乗っていないとゴンドラで説明がないのが残念です。

しかし、下を見下ろすとジャングルで雄大な自然を感じられます。

スカイレールの様子

またキュランダ周辺の熱帯雨林には青い蝶のユリシスが生息しており

3匹見つけると幸せになるそうなので

ゴンドラの最中ではおっさん達を無視してずっと蝶を探していました。

ちなみにおっさん全般が嫌いなわけではなく

何度も海外旅行をしているなどの

自慢話ばっかりなのでうんざりしたのです。

スカイレールの駅です。

スカイレールの駅

レインフォレステーション

まずはレインフォレステーションに行きました。

続々と人が入っていきます。

レインフォレステーションの入り口

ここは動物園とアボリジニショーや

アーミーダックという水陸両用車で

ジャングルを巡るアトラクションがあります。

トロピカルズーに比べると小さいですが

カンガルーが近くで寝ていて

撫でやすかったです。

撫でられるカンガルー

寝そべるカンガルー

寝ているカンガルーも可愛かったですよ。

もちろんコアラもおります。

可愛らしいコアラ

このコアラはこっちも向いてくれて

なかなか愛想のあるやつでした。

愛想のあるコアラ

タスマニアンデビルも居ました。

タスマニアンデビル

というかずっと走り続けていたので

上手く写真に収められなかったのが残念。

ハ虫類もたくさん展示されていましたよ。

もちろんワニも居ました。

動物園のワニ

動物園の散策時間が終わると

アーミーダック乗り場の近くで集合です。

そこにフルーツ屋があって

おっさん3人衆は手をベタベタにしてフルーツを食べていました(笑)

そしてアーミーダックを体験しました。

アーミーダックの様子

運転はメタボなおっちゃんで

添乗員さんが日本語で解説をしてくれました。

アーミーダックの運転手

このおっちゃんかなりのベテランで日本語で

着生植物ばっかり喋っていました。

レールなんてなくてガチでこのおっちゃんが運転しています。

ジャングルの中にはユリシスが飛んでいましたが

飛行速度が速すぎて写真に収められませんでした。

水陸両用車なのでもちろん水の中にも入ります。

前の組が横切って行きました。

横切るアーミーダック

熱帯雨林特有の植物がたくさんありました。

熱帯雨林の植物

ちなみにこれがアーミーダックの全体像です。

アーミーダックの全体

そして、次はアボリジニのショーです。

アボリジニの笛

このツアーではこのショー以外に

コアラ抱っこ、アボリジニの狩猟道具の体験

ブーメランの絵付け体験がありましたが

妹がショーがおすすめだということでこちらをチョイスしました。

一緒に行ったツアーの人たちで

1組の夫婦はブーメランを投げたいということで

狩猟道具の体験に行かれましたが

あとは全員アボリジニショーでした。

独特のリズムで始まるショー。

アボリジニのショー

このショー確かにめっちゃおもしろかったです。

この膝をガクガクさせるダンスは

いまだに家でやったりしています(笑)

次はお昼ご飯です。

レインフォレステーションの奥に

ビュッフェコーナーがあって

そこで食べ放題をしてきました。

レインフォレステーションのご飯

正直、ステーキはちょっと硬くてパサパサでしたが

チキンやワニ肉など変わったお肉がたくさんあって

とても楽しい食事になりました。

フルーツも色々な種類がありました。

基本的にいちごとスイカを食べまくりました。

キュランダ散策

食事が終わるとレインフォレステーションを後にして

キュランダの街中散策です。

キュランダの看板

ヒッピーが住んでいた街ということで

独特の文化で異国に来た感じがすごくしました。

キュランダの街並み

まずはガイドブックにも載っていた

アイスクリーム屋さんに来ました。

キュランダのアイスクリーム屋

アルコール度数が高いラム酒をそのまま使っていると有名な

ラムレーズンを食べました。

確かにアルコール感はありますが

とてもアイスが濃厚で美味しかったです。

街中にはちゃんと公衆便所もあるので

レストランで食べすぎても大丈夫です(笑)

キュランダの公衆トイレ

しかし、ケアンズで思ったことは

ウォッシュレットを導入してくれ!ということですね。

メイン通りもお店がたくさんあっていいのですが

少し裏路地にはいると

かなり雰囲気がありますよ。

キュランダの裏路地

こちらはジュース屋さんです。

さらに奥に行けば空き家がいっぱいありました。

キュランダの奥地

他にも市場がいっぱい出ていたので

回るだけで凄く楽しかったです。

キュランダの滞在時間は1時間ちょっとくらいで

もっと時間が欲しいと思いました。

キュランダ高原列車

帰りの集合場所はキュランダ高原列車の駅です。

キュランダ高原列車の入り口

これに乗り遅れるともう電車がないので大変ですので

添乗員さんも時間は守ってくださいと念を押していました。

キュランダ高原列車の駅舎

駅に到着すると添乗員さんが切符を渡してくれ

席が書かれていたのでそこに座ります。

列車の入り口

レトロな感じでわくわくの電車の旅です。

動き出してすぐのところで一時停車をします。

そして、見晴らしのいい高台から

滝を見ることができました。

途中下車の駅

しかし、ここで悠長にしていたら

列車に置いて行かれるそうなので

汽笛で出発時間の合図をするので

それを聞き逃さないようにしてください。

列車の看板の写真を撮るいいチャンスでしたよ。

キュランダ高原列車の看板

長い列車の旅になるので

見どころは添乗員さんが教えてくれます。

カーブに差し掛かると

みんな窓側によって写真を撮り始めます。

そして橋に差し掛かると

もうカメラを窓から出してみんな

シャッターを切りまくります。

キュランダ高原列車のカーブ

世界の車窓からのオープニングの場所なのですね。

これが最大の見所です。

後ろ側もなかなかいい感じです。

後ろ側のカーブ

あとは滝が見えたりもします。

列車から見える滝

他にも川下りのオプショナルツアーをしている

人たちを見たりもできましたが

大きな見どころは終わりです。

あとは疲れたので昼寝タイム。

そして、ケアンズの駅に到着です。

ケアンズの駅

車でホテルまで送迎してもらってもいいのですが

大橋巨泉が営むOKマートにとりあえず連れて行かれるので

そこでバイバイしました。

OKマートは日本円も使えて便利なお店です。

ミネラルウォーターも安く売っていますしね。

夜のケアンズ

そして、夜は時間があったので

またまた散歩に出かけました。

ケアンズの街並み

オーストラリアの国旗がいっぱい並んでいました。

ナイトマーケットよりさらに進んでいくと

観光地とは思えないくらいさみしい感じになりました。

寂しくなった街並み

賑やかとは言いがたいです。

ケアンズの交差点

JTBの10万円の何もついていないツアーは

多分、この辺のホテルなのだと思いますが

確かに周辺は何もありませんが

ケアンズは小さい街ですので

歩いていける距離に繁華街があって

安く行くなら選択肢に含めてもいいかもしれません。

しかし、便利さはパシフィックホテルの立地が

最高だと今でも思っています。

昼にお腹いっぱい食べたので

あまりお腹は空いていませんでしたが

せっかくなのでピザのお店で食べました。

ケアンズのピザ

仕組みが分からないので

とりあえず店員さんにめちゃくちゃな英語で尋ねると

返答も英語でしたがちゃんと教えてくれました。

シーフードのピザを注文!

シーフードのピザ

これがすごく美味しくて

お腹いっぱいだったはずなのに

余裕で完食しました。

むしろ食べたことでお腹が空いてしまったので

妹がお勧めと言っていた

pie faceも買いに来ました。

pie faceの外観

オーストラリアは物価が高くて

軽く食べるのにも10ドル以上は覚悟しなければいけないのですが

このpie faceは6ドル前後で買えるので

めちゃくちゃいいお店でした。

また最近東京にも出店したらしくて話題になっていますね。

こちらが商品です。

口の形で中身がわかるそうです。

これはMなので

ミートパイ

こちらは何だったのか忘れました。

パイフェイスのパイ

ラグーンの近くの海で食べましたが

外で海を見ながら食べると

とても美味しく感じました。

夜はラグーンで泳ぐことはできませんが

ライトが当たって綺麗でした。

夜のラグーン

またその近くの公園も木がライトアップされていて

幻想的な空間を演出していました。

ライトアップされた公園

パシフィックホテルまでの道のり

この道を通ってホテルに帰って

第4日目は終了です。

スポンサーリンク

まとめ

この日は丸1日オプショナルツアーでした。

キュランダに普通に車で行けばそんなに遠くないようですが

添乗員さんに説明してもらいながら行くと

詳しくわかってより深く知ることができました。

また、スカイレールに乗るかどうかは選択でき

少し値段は張りますが是非乗っていただいた方が

熱帯雨林の上を遊覧する機会はそうそうないので

貴重な体験ができると思います。

そして、キュランダでお土産を買うか

ケアンズに戻ってから買うか迷っている方は

キュランダでいいお土産があればそこで買った方がいいです。

ユリシスのグッズでかわいいのがあったのですが

ケアンズでもあるだろうと思ったらどこを探してもありませんでした。

オプショナルツアーは豪華にちょっと高いプランにしましたが

この旅自体は無駄なお金は使わないコスパ重視のツアーです。

こちらのTトラベルから申し込みました。

みっちり調べた中でコストパフォーマンスが最高でした。

また利用したいと思えるサービスでした。

そして、オプショナルツアーは

こちらのVELTRAから申し込むと安かったです。

実は別会社で申し込んで20ドルもこちらの方が安い事を後から知って

かなりショックを受けました。

レビューを書けば1人無料になるツアーもあったりするので

上手く使えばお得になります。

忘れがちなのが保険です。

海外旅行に行くなら一応入っておいた方がいいと思います。

ちむはこちらの保険に加入しました。

旅行1日目にいきなりスーツケースを

ぶっ壊しましたがこちらで修理してもらえて

入っていた甲斐がありました。

スポンサーリンク